てんかんの方でも加入出来る医療保険や死亡保険はある!通院中もあんしん!

厚生労働省・てんかん対策によると、日本で、てんかんを患っている方は60~100万人います。

てんかんは、すべての年代で発症する可能性があり、80%は18歳以下の年齢層、次に多いのは脳血管障害が原因となる高齢者の方です。
そのため、1,000人に5人ほどの割合で、てんかんになる人がいるのです。

夫は脳血管障害で手術をしてから、てんかんの発作が起きやすくなったんだよね。

子どもが、3才の時にてんかんの発作が起きたから心配だよ。

このページに辿り着いたあなたは、てんかんにより保険に入れない不安を持っていたり、周囲にてんかんによって悩まされていたりしている人がいるのかもしれません。

しかし、もうご安心ください!この記事を読めば、「てんかんのせいで保険に入れないかもしれない…」という不安をふっしょくできるはずです。

ぜひ、参考にしてください。

この記事の要点
  1. てんかんの方でも最終発作からの経過年数や年齢によって、一般の医療保険や死亡保険に加入できる可能性がある
  2. がん保険は他の既往歴なければ、基本的に加入できる
  3. 一般の死亡保険に申し込みをした場合、保険金削減や保険料割増の特別条件が付加される可能性がある
  4. 一般の保険の加入が厳しい場合や特別条件が承諾できない場合は、持病の悪化も保障される引受基準緩和型保険がオススメ
  5. がん保険はてんかんの既往歴があっても比較的に加入できる
  6. 少額短期保険のという選択肢もある
  7. てんかんの方が利用できる公的制度も複数ある

自宅に気軽に相談したい場合は、「ほけんの王様」専門FPが無料で相談・提案いたします。

オンライン保険相談
目次

てんかんの方でも加入出来る医療保険や死亡保険はある!

てんかんの方でも入れる保険は以下の通りです。

保険種類加入可否
一般の死亡保険〇~×
最終発作後からの経過年数・手術の有無・年齢により保険料割増・保険金削減の特別条件が付加される可能性あり
一般の医療保険〇~×
最終発作後からの経過年数・年齢により無条件で加入できる可能性あり
引受基準緩和型死亡保険
引受基準緩和型医療保険
がん保険

それぞれの保険の特徴を確認していきましょう。

一般の医療保険・死亡保険

この記事内でいう「一般の死亡保険」や「一般の医療保険」は健康な方が入れる保険のことです。

同じ保障内容の場合、保険料が安く、特約の種類も豊富なため、最も条件の良い保険になります。

ただし、一般の医療保険・死亡保険は、加入する際に健康状態について詳細な告知をする必要があります。

一般の医療保険・死亡保険の主な告知事項

詳細な告知ってどの程度まで答えなくちゃならないのかな?

保険会社によって多少の違いはありますが、主に以下の告知が必要になります。

一般の医療保険・死亡保険の主な告知内容

  • 3カ月以内に、医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか
  • 5年以内に、継続して7日以上の入院や手術を受けたことがあるか
  • 5年以内に、保険会社の指定する病気で、一度でも医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか
  • 5年以内に、保険会社の指定する病気以外の疾病で、通算7日以上に渡る医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか
  • 5年以内の健康診断や人間ドッグの結果で、指摘事項(要経過観察・要再検査・要精密検査・要治療)があるか

上記の告知内容に該当することがあった場合、さらに詳細な情報を告知する必要があります
また、てんかんの方は、以下の内容は必要になるのでしっかり確認しておきましょう。

告知事項のてんかんに関する事項

  • てんかんの治療開始時期と治療期間、入院や手術の有無
  • 最近のてんかんの発作の有無や頻度
  • 最後に発作した時期
  • 診療している医療機関や服用している薬                  等

けっこう細かい情報が必要なんだね…。

そうなんです。状況によっては、医師の診断書が必要になることもあるので、一般の保険の告知は意外と大変なんですよ。

保険会社は告知内容を基に、「加入可能」「加入不可」「特別条件付きで加入可能」の3通りの判断をだします。

年齢やてんかんの症状によっては特別条件が付加されることもある

特別条件とは、被保険者の健康状態や過去の状態、入院手術の有無、過去の傷病歴をもとに健康な方と公平性を保つための条件のことです。

主な特別条件の内容

  • 保険料の割増
  • 保険金の削減
  • 特定部位・疾患の不担保など

てんかんの告知がある方は、加入時の年齢や最終発作からの経過年数により、死亡保険加入時に「保険料割増」や「保険金削減」の特別条件が付加される可能性があります

生命保険 特別条件・保険金削減のイメージ

また、一般の医療保険では、加入時の年齢や最終発作からの経過年数により「無条件での加入可能」「加入不可」のいすれかの判断をだされることが多いです。

ポイントは、「加入時の年齢と最後の発作から5年経過しているかしていないか」です。

「一般の保険」で希望通りの保障や保険料が準備できなかった場合は、「引受基準緩和型保険」を検討してみましょう。

一般・緩和型・無告知型の生命保険の比較

持病があっても加入できる引受基準緩和型医療保険・死亡保険

引受基準緩和型保険とは、一般の保険より加入基準を緩和している保険のことです。
持病がある方でも入りやすく、告知項目も少ないため、手続きも簡単なことが特徴です。

引受基準緩和型保険のメリットとデメリット

引受基準緩和型保険のメリットとデメリットをご紹介します。

メリットデメリット
■告知項目に該当しなければ持病があっても加入できる
■持病も保障の対象になる
■告知が少ないため手続きが簡単
■診断書の提出が不要
■保険料が割高
■加入後の1年間は保障が減額される商品もある
■付加できる特約が少ない

とくに、持病がある方には告知が簡単なことがメリットです。
告知の内容は保険会社により多少の違いはありますが、主な告知内容は以下の通りです。

引き受け基準緩和型保険の主な告知事項
最近3カ月以内に、医師から入院や手術をすすめられたことがあるか
過去2年以内に、入院や手術をしたことがあるか
過去5年以内に指定の病気(保険会社により異なる)と診断された、もしくは、入院や手術をしたことがあるか

保険会社により異なりますが、指定の病気には以下の内容が含まれます。

がんがん・白血病・肉腫・悪性リンパ腫など(上皮内新生物を含む場合もある)
肝臓肝硬変など
精神認知症・統合失調症・アルコール依存症など

引受基準緩和型保険は、告知内容の回答が全て「いいえ」だったら加入できる!という「ノックアウト方式」を採用している保険会社が多く、加入の可否が判断しやすい保険です。

また、保険会社によっては告知内容に該当することがあっても、加入できるところもあります。
なにより、持病の悪化で入院や手術をした場合も保障の対象になることが大きなメリットです。

持病や健康状態に不安のある人は、健康な人と比べると病気や怪我のリスクが高いと想定されるため、一般の保険では加入できない可能性が高くなります。

そんなときは、この引受基準緩和型保険を検討しましょう。
引受基準緩和型保険に加入後も、良好な健康状態が継続された場合は、一般の保険に加入し直すこともできます。

今後、てんかんで入院した場合も給付金がもらえると安心できるね。

そうですね!まずは「今」必要な保障を準備し、万一に備えることが重要です。

てんかんの他に既往歴があり、引受基準緩和型保険の加入が難しい場合は「無告知型保険」を検討してみましょう。

告知なしで加入できる無告知型保険

無告知型保険とは、名前の通り、告知が不要な保険です。

健康状態を告知することなく、保険の加入が可能です。
ただし、告知がないからといってだれでも入れる訳ではありません。
「現在入院中の方」や「入院の予定がある方」などは加入できないので、注意が必要です。

無告知型保険のメリットとデメリット

無選択型保険のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
■告知が不要
■過去に入院や手術歴があっても加入することができる
■持病の症状が続いている状態の人も加入することができる
■引受基準緩和型よりも保険料が高い
■加入後90日間は給付金が受け取れない商品がある
■持病の症状による入院や手術が2年間給付対象外となる商品がある
■加入後1~2年以内に亡くなった場合の保険金額はその期間に支払った保険料と同額しか受け取れない

加入の受け口が広いことが最大のメリットです。

無告知型保険なら、年齢や職業などの条件が満たされていれば、告知不要で保険に加入できます。
しかし、保険料が高く保障内容も一般の保険と比べると手薄い内容になってしまいます。

保険を検討される場合には、「一般の生命保険→引受基準緩和型生命保険→無告知型生命保険」の順番で検討して保障を充実させてくださいね。

保険のオンライン相談

がんの保障を手厚くするならがん保険

がん保険は医療保険と違い「がん」のみを保障する保険です。
がん以外の病気や怪我は保障されませんが、比較的安い保険料で手厚いがんの保障を準備できます。

がん保険の告知内容は、引受基準緩和型保険と同じ「ノックアウト方式」を採用しています。
そのため、告知内容に該当がない場合には基本的にがん保険に加入できます。

加入時に重要になる告知内容を確認してみましょう。

がん保険の主な告知内容

  • 今までにがん、もしくは、上皮内がんになったことがあるか
  • 3カ月以内に所定の病気(保険会社により異なる)で医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか
  • 一定の病気(保険会社により異なる)で医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか
  • 過去2年以内の健康診断で、所定の内容(保険会社により異なる)の再検査等の指摘を受けたことがあるか

保険会社所定の病気にてんかんが含まれる商品は少ないため、てんかんの方でもがん保険に入れる可能性は高いです。

がんに対して手厚い保障を準備しておきたいと思っている方はがん保険をおすすめします。

少額短期保険という選択肢もある

少額短期保険とは、保険金額が少なく、保険期間が短い保険です。
死亡保険や医療保険などの生命保険は、保険金額の上限は300万円、保険期間は最大1年(一定期間まで自動更新)と設定されている保険会社が多いです。

告知内容は、引受基準緩和型保険より比較的緩いため、引受基準緩和型保険に加入できない方でも入れる可能性があります。

また、保険期間は1年での自動更新となる商品が多く、5歳ごとの年齢区分により保険料は異なり、高齢になるにつれ、病気や怪我のリスクも高まるため保険料が上がっていきます。

そのため、加入時の保険料は安いですが更新するたびに上がるので、注意が必要です。

また、更新が可能な年齢も決まっており、終身での保障では無いことを理解しておきましょう。
そのため、足りない保障を短期間上乗せするには便利ですが、長期間はオススメしません。

引受基準緩和型保険に加入できるまでの「つなぎ」として利用される方も多いですよ!

てんかんの方が保険に加入する際の注意点

ここでは、てんかんの方が保険に加入する際の注意点を3つお伝えします。

ありのままを正しく告知する

告知をする際は、ありのままを正しく告知しなければなりません。
てんかんの症状が落ち着いていたとしても、てんかんであることを隠して保険に加入することは告知義務違反に当たります。

]告知義務違反の場合には、保険金のお支払いができなかったり、主契約や特約が解除になる恐れがあるため、加入時の告知では、事実をありのまま正しくもれなく告知するように注意しましょう。

保険期間を検討する

保険期間には主に、一定期間を保障する「定期保険」と、一生涯の保障がある「終身保険」の2種類があります。

てんかんの方がこれから保険の加入を検討するならば、終身保険がオススメです。

なぜ終身保険がオススメか以下の2つの理由からご説明します。

保険料が変わらないから安心

終身保険は、加入時から保険料・保障内容が変わりません
そのため支出が一定で、保障も減らないという安心感があります。

終身保険のイメージ

一方、定期保険は加入時の保険料は終身保険より安いですが、更新する度に値上がりします
その結果、年齢を重ねることによって支払う保険料負担が大きくなります。

定期保険のイメージ

長期的に保険を継続することを考えると、保険料が一定のほうが安心しますよね。

一生涯、保障内容が変わらず保障される

定期保険では更新をしなければ保険期間が終わってしまいます。
また、どんなに更新しても必ず満期がきます

確かに…。80歳で満期になって、それ以上更新できなくなったら不安だな。

一方、終身保険は解約をしないかぎり一生涯保障されます。

とくにてんかんの方は、新たに加入し直すのが難しい場合も多いので、一生涯の保障があると安心ですね。

ただし、「定期保険」が悪いわけではありません。
一定期間を安い保険料で保障を準備したい場合には最適な保険です。

「一定期間のプラス上乗せの保障を準備したい。」「もっと良い条件の保険に加入するまでのつなぎとして検討したい。」
そんな方は「定期保険」の検討をオススメします。

引受基準緩和型保険は20歳未満は加入できない商品が多い

一般の保険は0歳から加入できる商品もありますが、引受基準緩和型保険の多くは、20歳以上が対象となっている商品が多いです。

そのため、20歳未満の方は加入の検討が出来ない可能性があります。

子どもがてんかんの発作を起こしたことがあるから不安なのに、保険に入れなかったらどうしたらいい?

数は少ないですが、20歳未満の方も対象となる引受基準緩和型保険もあります。

20歳未満の方で、引受基準緩和型保険を検討する場合は、保障内容を検討する前にまずは対象年齢の確認することが重要です。

生命保険の他にも、てんかんの子どもを対象にした医療費の助成制度があります。

てんかんの方向けの医療補助制度

てんかんは一過性の病気ではないため、長期間に渡る治療を要することが多いです。

そのため治療費の負担も大きくになることもあります。
ここでは、てんかんの方の医療費を補助できる制度をご案内します。

年齢に関係なく利用できる制度

まずは、てんかんの方の年齢に関係なく誰でも利用できる制度をご紹介します。

自己負担額が抑えられる自立支援医療制度

自立支援医療制度は、てんかんと診断された方を対象にしている制度です。
外来の医療費や薬代の自己負担額が、原則1割の負担に抑えられます。

詳しくは、「厚生労働省・自立支援医療制度」でご確認ください。

自己負担額を超えた分が返金される高額療養費制度

高額療養費制度は、健康保険加入者を対象にしている制度です。
1か月の医療費の自己負担額が高額になったときに、年齢や年収によって決められている自己負担限度額を超えた金額が払い戻されます。

病院によっては、自己負担額のみを請求する制度を取り入れている病院もあります。

その場合、一時的にでも大きな治療費を負担することがなくなります。
病院によって対応が異なりますので、詳しくは利用されている病院に確認するといいでしょう。

詳しくは、「厚生労働省・自立支援医療制度」をご参考ください。

日常生活用具費の給付

てんかんの発作により転倒する方を対象に、頭部保護帽の日常生活用具の費用を自治体によって受け取れます。
自治体によって給付対象の条件などが異なりますのでお住まいの自治体のホームページでお調べください。

精神障害者保健福祉手帳によるサービス

てんかんの方は「精神障害者保健福祉手帳」を申請することが可能で、精神障害者保健福祉手帳を持つことにより、割引や税金の控除などのサービスが受けられます。

詳しくは、「厚生労働省・精神障害者保健福祉手帳の概要」でご確認ください。

特別医療費助成制度

身体障害者手帳を持っている重度障害の認定を受けた人を対象に、保険医療を受けたときの自己負担額を助成してもらえます。

子どもが利用できる助成制度

てんかんの80%の方が18歳以下の年齢層で発症していることから、お子様向けの助成制度を求めている方も多いでしょう。
以下では、てんかんの発症率の高い子どもが利用できる制度をご紹介します。

小児慢性特定疾病医療費助成

小児慢性特定疾病医療費助成は、18歳未満のてんかんの子どもを対象にした制度です。
医療費の自己負担額を、原則2割の負担に抑えられます。
また、頭部保護帽といった日常生活用具の給付を受け取れます。

詳しくは、「小児慢性特定疾病情報センター・医療費助成」をご確認ください。

特別医療費助成制度(小児)

特別医療費助成制度(小児)は、18歳未満の子どもの年度末までを対象にした制度です。
医療費自己負担額全額、もしくは、その一部を自治体に負担してもらえます。
通院は日額530円を上限に自己負担、同じ医療機関であれば月5回目以降は無料です。

入院は日額1,200円を上限に自己負担、減額認定証書等の交付を受けている方は16日目以降の入院費は無料となります。
詳しくは、「小児慢性特定疾病情報センター・医療費助成」をご確認ください。

てんかんの方が加入できる保険と加入時の注意点・まとめ

この記事では、てんかんの方でも入れる保険についてご紹介してきました。
最後に、大事なポイントをおさらいしておきましょう。

この記事のまとめ
  1. てんかんの方でも最終発作からの経過年数や年齢によって、一般の医療保険や死亡保険に加入できる可能性がある
  2. がん保険は他の既往歴なければ、基本的に加入できる
  3. 一般の死亡保険に申し込みをした場合、保険金削減や保険料割増の特別条件が付加される可能性がある
  4. 一般の保険の加入が厳しい場合や特別条件が承諾できない場合は、持病の悪化も保障される引受基準緩和型保険がオススメ
  5. がん保険はてんかんの既往歴があっても比較的に加入できる
  6. 少額短期保険という選択肢もあるてんかんの方が利用できる公的制度も複数ある
  7. てんかんの方が利用できる公的制度も複数ある

同じてんかんという持病をお持ちの方でも、今までの治療歴や現在のお体の状況によって加入できる保険が異なります。

数ある生命保険会社のなかから、自分に最適な保険会社や保険商品を見つけることは時間と労力が必要になります。

そんなときは、ファイナンシャルプランナーの資格を持っている私たちに最適な生命保険選びのお手伝いをさせてください。

持病の方向けの生命保険会社を扱う弊社では、複数の生命保険会社の中からお客様の状況や希望に最適な商品をご紹介させていただきます。
18社の保険会社の商品を取り扱い豊富な経験があります。

お電話やメール、オンラインでのご相談・お手続きも可能です。
ぜひ、お気軽にお問合せください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる